社宅代行に依頼すればコスト削減も夢じゃ無い

  1. ホーム
  2. 研修の進め方

研修の進め方

男女

企業が内定を出した場合、その内定者に対して事前に研修を行うことが多い。これらの研修では、通常は会社の本社や支社などに集め集合研修として内定者研修を行うことがある。しかし、集合研修の場合には内定者を一定の場所に集める必要があり、コストがかかることや都合によっては出席できない内定者が出てしまうなど、揃えることが難しいこともある。集合研修に代わり、近年内定者研修でも利用されているものとしてあるのが、e-ラーニングである。社内研修などでは、e-ラーニングを導入し社員の知識力向上などに活用するケースが多いが、最近では内定者向けのe-ラーニングも増えている。内定者向けのe-ラーニングを活用することで、内定者は自宅にいても必要な学習をすることが可能になる。その為、企業側としては内定者を集めるコストを削減しながら研修開催できる。また、e-ラーニングでは時間を選ばず実施できることが通常であるため、各人の都合に合わせ勉強できることもe-ラーニング活用の大きな魅力である。e-ラーニングの内容としては、ビジネス一般的な内容であるものが多くなっている。また、e-ラーニングでは、その会社独自の教材を作成し受けさせることもできる。その為、会社の規則や部署の説明など会社独自の内容についても学習させることができ、入社後に必要な情報を事前に与えておくことも可能になる。その他、ライブ映像として配信できるサービスなどもあり、実際の研修と変わらない形式での学習も可能になる。