社宅代行に依頼すればコスト削減も夢じゃ無い

男女

研修の進め方

内定者に対する研修では、これまでは集合研修が中心であったが、e-ラーニングの活用も増えている。e-ラーニングを活用することで時間や場所に縛られることなく学習できる。そのコースでは、ビジネスマナー一般や、会社独自の内容のものが多い。

社宅の提供とコスト

つみきの家

会社が従業員へ提供する福利厚生の1つとしてあるのが社宅である。特に企業規模の大きな企業などでは、社宅を社員に提供しているケースが多くなっている。社宅を利用する従業員にとっては、生活費の中でも多くの割合を占める住居費を大幅に削減できるなどメリットも多い。しかし、社宅は企業においてはコスト負担が大きなものでもあるため、近年では社宅を廃止する企業も増えている。社宅を廃止しない企業においても、社宅代行サービスを活用し、コスト削減が図られているケースが多い。社宅代行サービスでは、社員が社宅に入居する場合や退去する場合の様々な事務手続きを代行して行うサービスである。社員が社宅に入居する場合には、契約の手続きが必要になったりする。また、退去時には元の状態に戻すなどの保守も必要になる。さらには、運用中も社宅の清掃や維持管理など様々なことを行う必要が出る。これらの社宅代行サービスでは、自社で社宅を保有している場合のサービスと、賃貸物件などを一括借り上げを行っているケースでサービス内容が変わってくる。一括借り上げでは、賃貸業者との仲介を中心に行うことが多く、自社で保有している場合には不動産管理面を中心に行うというサービスなどがある。社宅代行サービスの利用料については、これらのサービス内容によって異なったり、対応した回数や内容に応じて料金設定されていることが多くなっている。企業の社宅所有の方法により、サービス内容を選んで利用する必要がある。

複数の人

組織への帰属意識を調査

エンゲージメントサーベイは従業員の会社への帰属意識を測定する方法のひとつです。成果主義や能力主義が定着する中で、帰属意識を高めることにより組織全体のモチベーションを向上させる手段として注目を集めています。

大勢の人

国際化社会には必要不可欠

国際化社会に対応するためには、グローバルで活躍できる人材を育成することが大事なポイントになります。グローバル人材育成は国際化社会に対応する事のできる人を早めに研修して国内で育成するプログラムなのです。